Facebook 株式会社新見ソーラーカンパニー



こどもの登下校状況を知りたい
ICタグを持った子供達が登下校時に校門を通過すると、保護者の携帯に通過情報をメール配信します。



RFID



仕組み
1. 校門にRFタグの検知エリア(LF磁界)を作ります。
2. RFタグが発信する電波を、受信アンテナで受信します。
3. リーダーと通信しているPCからメールを配信します。

※RFタグは検知エリアでのみ発信します。

複数同時受信 ハンズフリー運用 電池寿命約7年

LF磁界はIDを持っているので、通過場所が確実にわかります。(電波 = タグID + 磁界ID)

電波の反射による誤認識がありません。

全国約700以上の学校に導入されています。(2016年3月時点)


機器構成例


名称 説明
RT501 トリガー機能付きセミアクティブRFIDリーダー
(リーダー トリガーの一体型)
トリガーコイル RFタグを検知するトリガー磁界を出力
RFアンテナ RFタグの電波を受信
RFタグ 磁界に反応して電波を発信


常時発信アクティブタグとの違い





弊社のセミアクティブ方式は、検知エリアとなるLF磁界にIDを持っているので、通過場所が確実にわかります。(電波 = タグID + 磁界ID) 電波強度測定による位置検知のような誤認識がありません。