Facebook 株式会社新見ソーラーカンパニー



赤ちゃんを見守りたい(キューピッドガード)
赤ちゃんの連れ去り発生を検知して警報します。リスクに備えることで病院の信頼性が向上し、利⽤者の安⼼につながります。



RFID



仕組み
1. 監視ポイントにRFタグの検知エリア(LF磁界)を作ります。
2. RFタグが発信する電波を、受信アンテナで受信します。
3. リーダーから信号を送信します。

※RFタグは検知エリアでのみ発信します。

人体・医療機器に影響がない

全国約40以上の病院に導入されています。
(小阪産病院、大阪府母子保健総合医療センター、久保みずきレディースクリニック、ナオミレディースクリニック、江南新病院、阪和住吉総合病院 他、全国約40病院・クリニックで導入)


機器構成例


名称 説明
RT301 トリガー機能付きセミアクティブRFIDリーダー
(リーダー トリガーの一体型)
トリガーコイル RFタグを検知するトリガー磁界を出⼒
RFアンテナ RFタグの電波を受信
RFタグ 磁界に反応して電波を発信


常時発信アクティブタグとの違い





弊社のセミアクティブ方式は、検知エリアとなるLF磁界にIDを持っているので、通過場所が確実にわかります。(電波 = タグID + 磁界ID) 電波強度測定による位置検知のような誤認識がありません。



お客様の声


キューピッドガードについて、小阪産病院の栗本幸司先生にお話を伺いました。

Q.導入のきっかけを教えてください。

実際に他病院で赤ちゃんの連れ去りという事件が発生しましたが、その以前から赤ちゃんの安全、患者さんの安全を考える事はずっと我々の課題でした。 赤ちゃん、患者さんの安全をマンパワーでカバーはしていたのですが、漏れのないシステム運用をIT技術で何とかならないかと前々から検討していました。 株式会社マトリックスのPOWERTAGを知り、RFIDの技術を利用して何とかなるのではないかな、という感触がありました。

Q.キューピッドガードを使った定期的な訓練は行なっていますか?

訓練は定期的に実施しています。これとは別に、不定期にキューピッドガードの警報が鳴る事があります。実際に赤ちゃんの連れ去りがあるわけではありません。 お母さんが間違えて検知エリアの近くまで来てしまい、警報が鳴るという事がたまにあります。それが逆に非常に良い訓練になっています。 先日も、患者さんのアンケートの中に『間違えてエリアに近づいた時に、職員がすぐに飛んで来てびっくりしました。 でもやっぱり、安全に守っていただいてるんだなと、凄く安心した。』とアンケートに書いていただき凄く嬉しかったですね。

Q.率直な感想をお聞かせください。

キューピッドガードを導入した事で職員の意識が高まり、赤ちゃんを守る!という二次的効果がありました。